【楽ちん】MAMP で WordPress のローカル環境を作ろう

いざ WordPress のローカル環境を作ろう! と思うと方法はいろいろあるようですが、やっぱりツールを活用した方が便利かなと思い、MAMP に手を出しました。
やってみると本当に楽ちんでしたのでまとめておきます。
(以下の動作確認は Mac で行いました)

スポンサーリンク

1. WordPressをダウンロード

下のURLから WordPress を入手しましょう。

zipファイルがダウンロードできたら解凍しておきます。
解凍したファイルの置き場所については後述します。

2. MAMPをインストール

MAMP のインストール方法についてはこちらのサイトにまとめられていました。

インストールが済んだら MAMP ウィンドウを立ち上げ、サーバーを起動してから「Open WebStart page」をクリックしましょう。するとブラウザが起動します。
MySQLのユーザー名などは後で記入するところがあります。確認方法を覚えておいてくださいね。

MAMPスタートページ

MAMPスタートページ

続いてデータベースを作成しましょう。
上のキャプチャにも写っている「phpMyAdmin」リンクをクリックしてください。

phpMyAdminキャプチャ

phpMyAdminキャプチャ

phpMyAdmin が開いたら、右のビューの「データベース」タブを開き、任意のデータベース名を入力して「作成」を行ってください。

3. WordPressをセットアップ

先ほどダウンロード・解凍した WordPress のファイル群を MAMP のルートディレクトリに移して、ブラウザからアクセスできるようにします。
MAMP のルートディレクトリは、MAMP ウィンドウの「Preferences…」をクリックすると表示される「Web Server」タブで確認・変更できます(下の図)

MAMPの設定

MAMPの設定

WordPress 環境を複数作りたい場合はルートディレクトリ内にフォルダを作成し、その中にファイルを移すと良いでしょう。

ファイルを移せたら任意のブラウザで「http://localhost」にアクセスしましょう。
WordPress のセットアップが始まったら順に進み、以下の画面になったら MAMP のスタートページで確認できた情報を入力しましょう。

WordPressセットアップ

WordPressセットアップ

「データベース名」の欄に先ほどの手順で作成したデータベースの名前を記入するのを忘れないでくださいね。

以上で、ローカルに WordPress 環境が整ったはずです!

コメント

スポンサーリンク