macOS (High) Sierra のリカバリディスクを作ろう

Sierra のリカバリディスクを作ろうと思ったら Apple さんのサポートが High Sierra に切り替わってて、細かいところでオロオロしたのでまとめておきます。

こちらの記事に書かれている手順を参考にしました。

スポンサーリンク

1. USBを用意する

未使用(データ消してもOK)の8GB以上の容量のUSBメモリがひとつ必要です。SDカードでもいいようです。
著者は電気屋さんに行ってワゴンに入ってた600円くらいのやつを買いましたが、ネットで探したら安いのがいくらでもありました。

USBメモリは、Macで使用できるようにフォーマットしましょう。その時につけた名前を覚えておいてくださいね。

2. AppStore からアプリをインストール

お使いのMacに macOS High Sierra インストール というアプリをインストールします。
AppStore を起動して『macOS High Sierra』と検索するとヒットするはずです。

AppStoreキャプチャ

AppStoreキャプチャ

3. ターミナルでコマンド入力

USBメモリをさしたら、ターミナルを起動して下記のコマンドを打ち込みます。『(USBの名前)』と書かれているところはフォーマット時につけた名前に置き換えてください。

sudo "/Applications/Install macOS High Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia" --volume /Volumes/(USBの名前) --applicationpath  "/Applications/Install macOS High Sierra.app"

処理には時間がかかりますが、終了すれば作業完了です!

コメント

スポンサーリンク